「お金がもらえる」とATMに誘導し、逆に全額振り込ませる「還付金詐欺」

「お金を振り込め」と言われれば無視はできますが、「お金がもらえます」と言われたら、どうでしょう?
そんな「還付金詐欺」は2007年には約2500件、2008年には4500件と被害が急増しており、注意が必要です。

年金など社会保険制度に関する不安・不信が高まるなか、登場してきたのが「還付金詐欺」です。

ある日突然、税務署や社会保険庁などの職員を名乗る人物から電話がかかり、「税金の還付金があります。手続きをしますので、キャッシュカードを持ってATMに行ってください」と、近所のATMに出向くように指示されます。

狙われるのは、高齢者、なかでもATMの操作に不慣れな人です。
電話口で言葉巧みにATMの操作を説明し、被害者は「還付金が戻る手続き」の一環であると思い込み、自分の口座から詐欺グループの用意した口座にお金を振り込んでしまうのです。

これまでに報告されている手口には「社会保険庁を名乗る人物からの年金の還付があると言われた」「国税局を名乗る人物から税金の還付があると言われた」、その他「医療費の還付があると言われた」などがあります。

残高を確認させ、すべてを振り込ませる

「お金を振り込め」と言われれば無視はできますが、「お金がもらえます」と言われたら、どうでしょう?
そんな「還付金詐欺」は2007年には約2500件、2008年には4500件と被害が急増しており、注意が必要です。

年金など社会保険制度に関する不安・不信が高まるなか、登場してきたのが「還付金詐欺」です。

ある日突然、税務署や社会保険庁などの職員を名乗る人物から電話がかかり、「税金の還付金があります。手続きをしますので、キャッシュカードを持ってATMに行ってください」と、近所のATMに出向くように指示されます。

狙われるのは、高齢者、なかでもATMの操作に不慣れな人です。
電話口で言葉巧みにATMの操作を説明し、被害者は「還付金が戻る手続き」の一環であると思い込み、自分の口座から詐欺グループの用意した口座にお金を振り込んでしまうのです。

これまでに報告されている手口には「社会保険庁を名乗る人物からの年金の還付があると言われた」「国税局を名乗る人物から税金の還付があると言われた」、その他「医療費の還付があると言われた」などがあります。

詐欺グループは「お金を受け取るための操作を行います」と偽り、携帯電話越しにATMの操作をひとつずつ指示していきます。
まず、ATM画面を英文表示などに切り替えさせ、預金残高を画面に表示させ、残高金額を聞き出します。
そして最終的には英文の「振込」ボタンを押させて、残高のすべてを業者の口座に振り込ませてしまいます。

「自分の手で『振込』ボタンまで押しているので、最後にだまされていると気づかないなんて、そんなバカな」と不思議に思う人もいるかもしれません。

けれども高齢者のなかには、いつも通帳と印鑑を窓口で渡す方法で、お金の出し入れを行っている人がたくさんいます。
ふだんからATMを利用していなければ、自分がさせられている操作が変だと気づかなくても、無理はないといえるでしょう。
なかにはATM画面を英文表示に変えさせて、「二つならんでいる右のボタンを押して」と指示したり、表示された残高の数字を右からひとつずつ読ませるなど、手口も巧妙になっているのです。

最近では、銀行のATMに警察官を配置したり、銀行がATM
コーナーでの携帯電話の使用自粛を呼び掛けたりするなど、還付金詐欺の被害を食い止める対策がとられています。

そこで、銀行ではなくコンビニに設置のATMに行くように指示するケースも多いようです。

事例1

「年金制度が変わったため、還付があるのでキャッシュカードの番号を教えてほしい」と若い男から突然電話があった。
いま手元にないと答えたところ、5分後に再び電話があり、「還付金は8万円です。銀行に行くように」と言われた。
さらに「銀行のATMでお金を引き出す方法をその場で指示するから、携帯電話の番号を教えるように」と言われ、つい番号を教えてしまった。

この人は銀行に行く前におかしいと気づき、事なきを得ました。
では、もしおかしいと思わずに、携帯電話を持ってATMに足を運んでいたらどうなってたのでしょうか?

詐欺グループは「お金を受け取るための操作を教えます」と偽り、携帯電話越しにATMの操作をひとつずつ指示していきます。
まず、ATM画面を英文表示に切り替えさせ、預金残高を画面に表示させ、残高金額を聞き出します。
そして最終的には英文の「振込」ボタンを押させて、残高すべてを業者の口座に振り込みさせてしまいます。
「自分の手で『振込』ボタンまで押しているのに、最後までだまされていると気づかないなんてそんなバカな」と、不思議に思う人もいるかもしれません。

けれども高齢者のなかには、いつも通帳と印鑑を窓口で渡す方法で、お金の出し入れを行っている人がたくさんいます。
ふだんからATMを利用していなければ、自分がさせられている操作がヘンだと気づかなくても、無理はないといえるでしょう。
かなにはATM画面を英文表示に変えさせて、「二つならんでいる右のボタンを押して」と指示したり、表示された残高の数字を右からひとつずつ読ませるなど、手口も巧妙になっているのです。

最近では、銀行のATMに警官を配置したり、銀行がATMコーナーでの携帯電話の使用の自粛を呼び掛けたりするなど、還付金詐欺の被害を食い止めるさまざまな対策がとられています。
そこで、銀行ではなくコンビニに置いてあるATMに行くよう指示するケースも多いようです。

「お金がもらえる」という電話には耳を貸さないで!

還付詐欺は、お金を支払うのではなく、「お金がもらえる」というはなしだからこそ、大勢の人がだまされてしまいました。

これまで、関西圏では振り込め詐欺の被害が少ないといわれてきました。
大阪の人は、自分の目で見て、納得しない限りは物事を信じないという人が多いのか、「すぐ振り込んでよ」と電話口で言われても、だまされにくいというのが理由のようです。

しかし、還付金詐欺に関しては、そうではないようです。
「支払って」と言われれば取り合わない人でも、還付金詐欺のように「もらえる」となれば、つい警戒心を解き、相手の指示に従ってしまいがちだからです。

特に注意しなければならないのは、この還付金詐欺は、1回の被害額が非常に高額であるという点です。
2008年の1年間で、被害総額は47億円以上。
この間に振り込んでしまったケースが約4500件ですから、一件あたり平均総額は100万円以上にのぼる計算になります。

このように高額になる理由は、だます側が被害者の通帳の残高を確認し、操作方法を指示するなかで残高いっぱいまで振り込みさせてしまうことが多いからです。
この時点では、自分では「お金を払っている」という自覚がないからこそ、詐欺グループがいわば最後の1円までむしりとってしまうのです。

「お金がもらえる」という振り込め詐欺は、定額給付金を名目にしたものがあります。
「市役所職員を名乗る人から、『定額給付金の手続きが終わっていない』と電話があり、携帯電話をもってATMに行くように指示された」などの相談が寄せられています。

還付金がATM操作で返還されることはない

税務署や社会保険庁、市役所が還付金を支払うために、ATMを操作してもらうようにお願いすることは絶対にありません。
もし、こうした電話がかかってきても、とりあわないのが一番です。

「本人でないと受け取れない」とか、「いま返事をしないと受け取れない」などと言われるかもしれません。
しかし、公的機関からの還付金であれば、電話で受け取り有無を確認したり、受け取る権利が1か月くらいでなくなったりすることはないでしょう。

しかし、詐欺グループは「もしものために」と蓄えてきた高齢者のお金を狙っているのですから、家族は「年金・税金・医療費が戻るというウソの電話がかかってくることがある」こと、「ATM操作で還付金が戻されることはない」ことを、日頃からしっかりと伝えておきましょう。

「年金・税金・医療費が戻るというウソの電話に注意」と書いたメモを、電話機周辺に貼っておくのもよい方法です。

詐欺被害ご相談・解決対応は日本全国対応です。

詐欺被害相談窓口

詐欺被害相談窓口では、年中無休ご相談をお受けしております。どのような被害に遭われたのか、をお気軽にお話いただき、解決策をご提案いたします。守秘義務を徹底し、弁護士法、司法書士法、探偵業法のコンプライアンスに基づいた運営をおこなっております。

ご相談について

詐欺被害相談窓口のお電話でのご相談は9:00〜21:00まで。メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

詐欺被害相談窓口|詐欺被害の解決はお気軽にご相談ください|日本全国|無料相談