「ロコ・ロンドン取引」の被害が急増中

ある日突然、聞いたこともない業者から電話がかかり、「全相場が上昇している。金取引に興味はないか」「とても有利な投資の話がある」などと持ちかけられて契約し、何百万円も損をしたという相談があとを絶ちません。
「ロコ・ロンドン」と称した金融商品取引の被害です。

「ロコ・ロンドン取引」とは耳慣れない言葉ですが、「ロコ」は「〜において」「〜渡し」という意味で。「ロコ・ロンドン取引」とは「ロコロンドン(市場)において金を受け渡しする取引」という意味です(ロンドン市場は、もともと鉱山会社や金融機関、商社などの企業間で金やその他の貴金属の現物取引を行っている市場で、そこの価格が国際価格と認識されています)。

全国から寄せられた相談を見ると、消費者が「金の現物が手に入る」と誤解しているケースが目立ちます。
しかし、実際には、金の現物が手に入る取引ではなく、消費者が業者に証拠金(保証金)を預け、その証拠金の何十倍もの取引を行う「証拠金取引」です。

取引の仕組み自体が複雑で理解しにくく、一般の消費者が手を出すにはリスクが高すぎる非常に危険な取引なので、よほどの証拠金取引に精通していなければ、決して手を出さないことです。

ロコ・ロンドン取引に関する相談が2006年下期から入りはじめ、2007年度には前年度の3.6倍に急増しました。
契約当事者のうち、60代以上が約7割を占め、平均契約金額は400万円と非常に高額です。
高齢者はとくに注意が必要な手口です。

最初だけ利益を出して安心させる

一般の人たちがトラブルに巻き込まれている「ロコ・ロンドン金取引」は、証拠金取引なので、理論上は、ロンドン市場の金価格が期待どおりに変動した場合には大きな利益を得られます。
しかし、予想に反した場合には大きな損失が発生し、損失が最初に支払った証拠金を上回るおそれがあります。

また、消費者はロンドン金価格や為替相場の動きを見ながら、売買の決断をする必要があります。
ただし、業者が、注文どおりに取引を行っているのか、さらには、取引自体本当に行っているのか確認することすら極めて困難な取引なのです。

こんな取引になぜだまされてしまうのかというと、そこには巧妙な罠があるからです。

その実態を知らない人のなかには、「被害にあうのは欲を出したからだ」と思う人もいるかのようですが、そんなことはありません。

断っても断っても、営業マンに「会社をクビになってしまいそうだ」などと泣きつかれ、同情から出資してしまった人もいます。
また、事業は必ずしも最初から多額な出資を求めるわけではありません。
時には最初だけは利益を還元することさえあります。
それに安心していると、ある時「相場が下がった(上がった)今、もう少し出資しておかないと、すべてがダメになる」と慌てさせ、追加出資を迫ってきます。
投資した人は、「今までのお金がすべて無駄になっては大変」と追加出資に応じ、それが重なって多額の出資(被害)につながってしまうわけです。

次の2つの事例は代表的な手口といえるでしょう。

事例①

自宅に「ロコ・ロンドン金取引」という金融商品の勧誘電話があった。
勧誘員は、「簡単に儲かる」「絶対に損はさせない」などと熱心に説明してきた。
そんなうまい話はないだろうと、何度も断り続けていたが、そのうち話だけでも聞いてみようと近くの喫茶店で会うことになった。

勧誘員に「金の値上がりに関係なく儲かる」「あなたは、自分の母親のようだ。母親をだましたりはしない」などと言われ、次第にこの勧誘員なら信じだれると思いはじめ、取引の仕組みは理解できなかったが、とりあえず100万円の契約をした。

1か月後、勧誘員から電話があり、「今、元金に損失がでている、すぐに100万円を入れないとすべてが失われてしまう」と言われた、驚き、返答に困っていると「金の価格が持ち直せば、すぐに取り返せます」と強く勧められ、100万円を振り込んだ。

その半月後、また、同様の電話がった。
説明を求めたが、勧誘員の言うことを内容はさっぱり理解できなかった。
「すべて損失になる」という言葉だけが頭の中でまわり続け、言われるままに50万円を振り込んでしまった。

2週間後、また電話があり、さららに投資しないとすべてを失うことになるとのことだった。
怒りと落胆の気持ちで、「もうこれ以上出せない」と断ると、「80万円の赤字がでているので請求する」と言われた。

今まで大切に貯蓄してきた250万円を短期間で失ってしまい、相談にきた。

事例②

聞いたことのない名前の業者から「ロンドンの金の取引が非常に有利」との電話が何回もあった。
話がうますぎると思い、その度に断っていたが、1週間ほどしてその勧誘員が自宅を訪れ、「今年入社した新人が一件も取れず、会社を辞めると言っている」「その新人は、母一人、子一人の家庭であり、助けてもらえないか」などと言われ、気の毒になって話だけ聞くことにした。

数日後、近所の喫茶店で待ち合わせをし、勧誘員とその新人から説明を受けたところ、「株は下がったら損をするが、この取引は損をしない」「預金のようなもの」「元本割れのリスクはあるが、100万円を預ければ毎月3万6000円が口座に振り込まれるので大丈夫」「投資したお金は都市銀行にプールされるので安心」とのことだった。
取引の仕組みはまったくわからなかったが、その新人がとても紳士的だったので契約することにし、翌日200万円を支払った。

契約から2週間後、今度は別の営業員から「大手商社が金を売りに出した」「何年に1回しかないチャンス」と言われ、300万円を追加で支払うことにした。
「1か月後を楽しみにしていてください」と言われていたが心配になり電話をかけたところ、最初の勧誘員から「今は損をしているが数字上のことであり、来月になればプラスになる」と繰り返し説明されたので、安心していた。

ところが、翌月中旬に突然「負けが込んできて、回復の見込みがない」「あなたも年金生活で大変でしょうから、やめましょう」「約80万円しか残っていない」と連絡がって驚いた。
翌日、自宅を訪れた最初の勧誘員に「この取引は、自己責任でやったんでしょう」と言われたので、誰かに相談しても、どうしようもできないことなのだと思った。

最近、別の業者から「損を取り戻しましょう」と電話があった。

こうした金融商品の勧誘をする業者は、「ロコ・ロンドン証拠金取引」「ロコ・ロンドン金取引」「ロコ・ゴールド貴金属取引」などの名称をよく使いますが、「ロコ・ロンドン」や「金」という語句を使っていない場合もあるので、注意が必要です。

被害にあったケースでは、取引の根本に関わる事項が明確でなく、難しい専門用語を多用した契約のため、証拠金取引などの経験がない消費者が30分や1時間説明されても、完全に理解することは不可能でした。
それにもかかわらず、「取引の仕組みがわからなくてもアドバイスするから大丈夫」などと勧誘し、いったん契約してしまうと消費者が理解していないのをいいことに、勝手に売買してしまうこともあるのです。
ロコ・ロンドン取引などの「仲介サービス」は、特定商取引法の規制対象となり、法定書面を受け取ってから8日以内であればクーリング・オフができます。
しかし「仲介サービス」にあたらない業者(相対取引=業者と直接取引を行う場合)もあるので、もしトラブルになったら、いち早く相談することです。

つけ入る隙を与えないのが一番の予防

トラブルにあわないためには、どのような点に注意したらいいのでしょうか。
勧誘の手口は巧妙かつ執拗なので、十分な注意が必要とします。

業者からの最初の接触は、電話か自宅訪問です。
「他のお客さんの件で近くまで来ている。ぜひ会いたい」などと、強引に自宅に押しかけてくる手を使うこともあるようです。
また、最初の勧誘電話の後に、大手銀行の担当者をかたる電話が入り、「その会社は関西で屈指の投資運用会社です」などと、サクラを仕込んだケースもありました。

とにかく、最初のうちに「興味も関心もない」とはっきり断れば、ほとんど次のステップに進むことはないようです。
「この人にかかわっても時間の無駄」と思わせることが大事なのです。
「資料を郵送したいので、住所を教えて欲しい」と言われても、教えてはいけません。
少しでも関心がある素振りを見せてしまうと、業者は何とかして訪問の約束を取り付けようとします。

いったん説明を聞いてしまった場合、業者は何としてもその場で契約をさせようとします。
しかし、その場で確認書面に署名することは絶対にしないで、「一晩考えたい」「家族に相談したい」と言って、業者を帰らせることが大事です。

また、契約を交わしてしまった場合、業者はさまざまな理由をつけて、次々に追加の入金を迫ってきます。
「手持ちのお金がない」と言っても、「車で来ているから、今から銀行に一緒に行きましょう」と迫ることもよくあります。
「もう金を買ってしまった。証拠金を入れてもらわないと困る」などと強く言われても、絶対に払わないことです。

とのような場面でも、とにかく一度業者に帰ってもらい、すぐに信頼できる人に相談することが大事です、
絶対に、自分だけで判断しないようにしてください。

また、「相場が良くなれば、損を取り戻せる」などと言われても、楽観的に考えず、追加出資を断ることです。
追加しても、かえって損失が大きくなるだけのことがあるからです。
決して「高金利の預金のようなもの」ではありません。

「ロコ・ロンドン取引」を扱う業者は、免許制や登録制になっていないため、その財務状況も不透明です。
仮に裁判で争って勝訴しても、業者に資産が残っていなければ、返金も困難です。
つまり、「ロコ・ロンドン取引」は、「非常に危険な取引」と考えたほうがいいのです。

詐欺被害ご相談・解決対応は日本全国対応です。

詐欺被害相談窓口

詐欺被害相談窓口では、年中無休ご相談をお受けしております。どのような被害に遭われたのか、をお気軽にお話いただき、解決策をご提案いたします。守秘義務を徹底し、弁護士法、司法書士法、探偵業法のコンプライアンスに基づいた運営をおこなっております。

ご相談について

詐欺被害相談窓口のお電話でのご相談は9:00〜21:00まで。メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

詐欺被害相談窓口|詐欺被害の解決はお気軽にご相談ください|日本全国|無料相談