もっともらしい口実や差出人名で送られてくる「架空請求」

身に覚えのない料金を請求する郵便やメールなどを送りつけ、お金を振り込ませる「架空請求」。

少し前まで、架空請求といえば、インターネットのアダルトサイト利用料など、若い人をターゲットとする手口がほとんどでした。
しかし、最近では高齢者が狙われるようになっています。

「架空請求」とは、文字通り、身に覚えのない請求を送りつけ、その代金を振り込ませるというもの。
なぜ、自分が利用もしていない料金を払わされることになってしまうのでしょうか。

若い人たちをターゲントとするインターネットのアダルトサイトの利用料などを請求するものでした。
出会い系サイトやアダルトサイトの利用料や登録料が未納になっています。指定の期日までに入金が確認できなければ裁判に訴えます」などと突然、電子メール、ハガキ、封書、電報で連絡がくるのです。

受け取った人は、「そんな料金はないはず」と思っても、好奇心などからこうしたサイトを閲覧したことがあるのも事実。
もちろんどこを見ていたかなんて覚えていません。
そこで、「あのとき見たサイトは有料だったのか…。」と思ったり、トラブルに関わりたくないと思ったりしてお金を振り込んでしまうケースがあったのです(請求額も数万円と比較的少ないことが多い)。

しかし現在では、有料サイトを使った架空請求が行われているということが、若い人たちに知られるようになり、被害にあう人は減少しつつあります。
そこで詐欺グループは、高齢者をターゲットにするようになってきたのです。

同じ文面を大量に送りつけ、送金されるのを待っている

振り込め詐欺の場合、電話口に弁護士役や刑事役が登場するなど、だまし方が派手で被害額も大きいため、テレビのニュースでも取り上げられることが多く、その手口の一部始終を録音したテープが流されれば、それを見た人は「気をつけなければ」と気を引き締めるでしょう。
ところが架空請求は、ハガキやメールが送られてくるだけと、手口はいたって地味なので、振り込め詐欺に比べればマスコミが取り上げることも少なく、さまざまな情報に接する機会の少ない高齢者が狙われていると考えられます。

また、架空請求は大勢の人に同じ文面を送りつけ、送金されるのを待っているだけと、だます側にとって楽なことも、架空請求の猛威が収まらない理由のひとつといえるでしょう。
大量の架空請求が、日々大勢の人に向けてばらまかれていると考えられます。

もちろん、「架空請求」がウソだと簡単に見破られればお金をだまし取ることはできませんから、だます側も受け取った人が無視できなうように、差出人や、支払いの名目をいろいろと変え、さまざまな口実で支払いを迫ってくるのです。

ある日突然届く請求…

貴方の元に、こんな請求が来たことはないでしょうか?
「アダルトサイトのご利用料金2万9800円が未払になっております。支給お支払い下さい。支払われない場合には、裁判を起こし、貴方のご家族や会社に取り立てに伺います。その場合には、交通費、裁判費用、弁護士費用などの高額な請求が発生しますが、ご了承ください」

こんな請求が来たら、驚くことでしょう。
「アダルトサイトなんか利用したかな…?」という疑問があっても「裁判を起こし、貴方のご家族や会社に取り立てに伺います」という脅迫じみた文章が並んでいると(いや、でも…、間違ってアダルトサイトに入ってしまったかも…)と途端に弱気になり、さらに(会社に取り立てに来られたら怖いな…)と思っていしまいます。
なにしろ、アダルトサイトの利用料金だと言っているのですから、そんな取り立てが来たら「○○さん、アダルトサイト・マニアなんですって」などと、良からぬ噂が会社で立ちかねません。
さらに、取り立てに来るのがヤクザみたいな奴ならば、身の危険すら考えられます。
もちろん、高額な請求が発生するなんていうのも、避けたい事態です。
考えてみれば、たしかに2万9800円という金額は安い額ではありませんが、支払えない額ではないのですから、支払ってしまうのも1つの方法です。
ヤクザが会社に来たり、裁判を起こされたり、というリスクを考えれば、安い解決法かもしれません。

そのように考えてお金を支払うと、解決どころか、もっと悪い方に展開していくということになります。

市中に出回るカモ・リスト

2万9800円を支払って安心していると、またまた請求が来ました。
他にもアダルトサイトの利用料金が未払になっており、そちらはなんと12万円だそうです。
それをやっと支払うと、さらに新たな請求が来るという悪循環。
最終的に、200万円近く支払ってしまった人もいます。

なんで、こんなことになるのでしょうか…?
それは、一度支払うと、「簡単に支払うカモ」ということで、詐欺師仲間のカモ・リストに登録されてしまうからです。

面倒を避けようとして、安易な方法を取ると、かえって事態を悪化させてしまいという典型例です。
火の粉を振り払うことのできない人間は、炎に包まれてしまうのです。

詐欺被害ご相談・解決対応は日本全国対応です。

詐欺被害相談窓口

詐欺被害相談窓口では、年中無休ご相談をお受けしております。どのような被害に遭われたのか、をお気軽にお話いただき、解決策をご提案いたします。守秘義務を徹底し、弁護士法、司法書士法、探偵業法のコンプライアンスに基づいた運営をおこなっております。

ご相談について

詐欺被害相談窓口のお電話でのご相談は9:00〜21:00まで。メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

詐欺被害相談窓口|詐欺被害の解決はお気軽にご相談ください|日本全国|無料相談