ゴミの回収に数十万円⁈車で「無料」と案内して回る、廃品回収業者

物干し竿販売と同じように巡回してくることが多いのが、「廃品回収サービス」です。
無料回収と思わせ、実際には料金を請求されるトラブルだけでなく、回収した物を不法投棄するケースもあります。

廃品回収業者とのトラブルの内容は、無料回収をうたっていたのに、作業後に料金を請求された、最初の見積もりよりも高額な料金を作業後に請求されたというものです。

きっかけは、拡声器で「不用品を無料で回収します」などと流しながら巡回している車を呼び止めたり、ポストに入ってた「不用品回収」などのチラシを見て見積もりを頼んだり、というものですが、中にはガレージや物置などを粗大ごみがあるのかを巡回車の人が見て、個人宅を訪問すしてくるというパターンもあります。

相談が寄せらえる廃品回収サービスについての相談件数は、この5年間で3倍に増えています。
家庭ゴミ処理の有料化の高まりを背景に、今後も増加する可能性がありますので、十分注意が必要です。

事例①

投げ込みで広告を見て、電話してゴミ処理を依頼した。
広告に、カラーケース1個500円からと書いてあったので自宅に来てもらったところ、「衣料箱に該当するので1個1500円になる。人件費がかかっているから」とすごまれたため、8箱1万2000円を払ってしまった。
あまりに高額のうえ領収書も渡されなかった。
業者は「行政に頼んだほうが安いよ」と笑いながら帰っていった。

この事例では「人件費がかかる」と言って、チラシに記載した3倍もの料金を請求しています。
他にも、「回収は無料だが、リサイクル料金はかかる」「運搬料が必要」などと言って、支払いを要求されたケースもあります。

さっさと車に積んでから、法外な料金を請求

次の事例のように、「見積もりをする」と案内しても、その見積書が信頼できないケースもあります。

事例②

チラシに「見積もり無料」とあったので電話をして来てもらったところ、引き取りに10万円くらいかかると言われたが詳しい説明はなかった。
品物は折りたたみベッドや本棚、パソコン、食器、キーボードなど15点くらい。
全部運び出し、業者の車に積み込んでから、「思ったより多かったので全部で23万円になる」と言われた。
引越し業車を控えていたので今更断れないと思い。
納得のできないまま全額支払った。
領収書はあるが見積もり書はもらっていない。

悪徳業者にとっては、「見積もり無料」というのは安心して連絡させるためのエサにすぎません。
その見積もりを、最初に10万円くらいと見積もっておきながら、車に積み込んでからはるかに高額な23万円を請求しています。
これでは見積もりの意味がありません。

「車に積んでみないと、いくらになるかわからない」と言って、さっさと車に積み込んでしまっているので、「そんなに高額なら、頼みません」とは言いづらい状況にしているのです。
それでも断ると悪徳業者は豹変し、「どこでも料金は同じ」「いまさら帰れない」などとすごんだり、その場に荷物を置いて帰ろうとしたりするので、泣く泣くお金を支払うことになってしまうケースもあります。

もちろん、そんな悪徳業者きちんと領収書などを渡すとは期待できません。

回収品が道端に捨てられている!

本来、家庭から出るゴミの収集・運搬は、自治体の許可を受けた業者しか行うことができません。
拡声器での呼びかけや、ポストへのチラシ広告の投函、家庭訪問を行っている業者の中には自治体の許可を受けていない事業者もあると考えられます。
チラシには許可番号が記載されていても、それは廃棄物処理業者ではなく、ほかの業(古物営業、つまり中古品の売買)としての許可番号であったケースもあります。

粗大ゴミや、引越しで大量にゴミが出る場合は、自治体の清掃事業担当課に連絡し、その自治体のルールにあった方法を相談しましょう。
もちろん、自治体に連絡して処理するにしても料金はかかりますが、悪徳業者に払うより格段に安上がりですし、課金の基準も明確です。

そもそも、環境破壊や廃棄物処理がこれだけ社会問題になっている今、「粗大ゴミを無料で処分できる時代ではない」ということを肝に銘じましょう。

自治体の許可業者以外の回収業者が不用品をきちんと処分しているかどうかは疑問、という例を挙げてみます。

事例③

「不用品回収します」と訪問され、パソコンディスプレイと自転車を渡して処分代金1500円を払った。
後日、回収品が道路脇に捨て去られていた。

他にも、翌朝見たら、家の玄関のところに回収した物が捨てられていたというケースもあります。
なんとも人をバカにしたやり口ですが、これほどあからさまではなくとも、人からお金を騙し取るような悪徳業者が、廃品を適正に処理しているとは考えにくいものです。

安易に廃品処理回収業者に処分を依頼したために、自分の愛用した家具や家電製品が、山や河川に不法投棄され、環境を汚染しているかもしれないのです。

詐欺被害ご相談・解決対応は日本全国対応です。

詐欺被害相談窓口

詐欺被害相談窓口では、年中無休ご相談をお受けしております。どのような被害に遭われたのか、をお気軽にお話いただき、解決策をご提案いたします。守秘義務を徹底し、弁護士法、司法書士法、探偵業法のコンプライアンスに基づいた運営をおこなっております。

ご相談について

詐欺被害相談窓口のお電話でのご相談は9:00〜21:00まで。メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。