振り込め詐欺

「オレだよ、オレ」と電話口で子や孫を装い、急にお金が必要になったと偽って高齢者にお金を振り込ませる「振り込め詐欺」。
電話一本で数百万円ものお金をだましとってしまうこの手口は、依然、多くの被害者を出し、社会問題になっています。

マスコミでも繰り返し報道されたことから「オレオレ詐欺」の手口が広く知られるようになり、以前のように「オレオレ」と電話がかかってきても、すぐに怪しいと用心する高齢者が多くなりました。
自宅に電話をして「オレ、オレ」と言った旦那さんが、奥さんに電話を切られた、なんて笑い話があるくらいです。

しかし、それでも被害はなくなりません。
警察庁の調べによれば、2008年の1年間で、「振り込め詐欺」おおよそ2万件(認知件数)被害総額は276億円にのぼり、今なお全国で発生し続けているのです。
この276億円という数字がいかに多いかは、「この期間のすべての窃盗と強盗の被害金を合わせたものよりも多い」といえば、どんなにすごいかおわかりでしょう。

これほどまで被害が広がる理由は、「振り込め詐欺」対策に対抗するように、手口が悪質かつ巧妙になっているからです。
詐欺グループは、それまでの手口にさまざまな工夫をこらし、簡単に「振り込め詐欺」だとみ見破られないようにしているのです。

では、振り込め詐欺の最近の傾向を中心に、その巧妙な手口を見てみましょう。

最初から息子や孫の名前を出して電話してくる

いわゆる「オレオレ詐欺」は、被害者の7割以上が女性です。
それも、60歳以上の人が半数以上を占めています。

従来の振り込め詐欺は、詐欺グループが当てずっぽうで、適当な番号に電話をかけていました。
ところが最近では、流通している名簿などをもとに、相手の名前を知ったうえで電話をしてくるケースが増えているようです。「オレ、オレ」ではなく「おばあちゃん、ヒロシだよ」などと、息子や孫の名前を言われれば、たいていの人は一瞬、本人だと思ってしまうものです。

また、次のような二段構えの手口も増えています。

まずは身内を装い、「オレだけど、携帯電話の番号が変わったから登録しておいて」とだけ電話で伝え、アドレス帳の登録を変更させておきます。
そして何日かたってから、あらためて、お金の振り込みを迫る電話をかけてくるのです。

2回目の電話では、だまされている人の電話に身内の名前や番号が表示されることになるため、本人だと思い込んでしまいがちなのです。

警官や弁護士を名乗るケースもある

最近では、子どもや孫などの親族だけでなく、警察や弁護士、交通事故の被害者、保健業者などになりすますなど、手口が巧妙化しています。

たとえば、まずは孫を装った人物が、「ヒロシだけど、事故を起こしちゃって」と泣きじゃくりながら訴えます。
すると突然、別の人物が電話に出て「◯◯署(実在する警察署の名前)の交通課のヤマダです。お孫さんが飲酒運転で事故を起こしてしまいましてね。被害者は今すぐお金を払えば示談に応じると言ってくれています」などと厳粛な口調で伝えます。

そして間髪を入れず、被害者と名乗る人物まで登場し、怒りを押し殺した声音で「本来ならば車の買い替え代金と慰謝料を請求したいところですが、そちらにも世間体がおありでしょうから、この金額で和解させていただきます」と告げます。
しかも、電話の向こうからパトカーのサイレン音まで聞こえてくるという、手の込んだ劇場型の手口です。

「孫が事故を起こした」と聞けば、どなたでも「あー、大変だ、ケガをしたんだろうか、相手をケガさせてしまったのだろうか」と心配に思うでしょう。
しかし、ちょっと冷静になれば、「なんで親のところではなく、私のところに最初に連絡があるのだろう」とか、「そんなすぐにお金を払うなんて聞いたことがない」などと考え、息子や娘に確認してみようと思うかもしれません。

そこを、当事者、被害者、警官や弁護士などを装った何人もの人間が電話してきて、代わる代わる電話口で泣きわめいたり、怒ったり、あるいは蚊の泣くような声で訴えたりしてこちらの感情を揺さぶり、気を動転させて、信じ込ませてしまうのです。
つまり「冷静な判断ができない状況」に陥れ、「今すぐお金を払わなければ大変なことになる」「私がお金を払えば解決できる」と思わせて、お金をだまし取るのです。

ほかにも、「会社のお金を使い込んでしまった」など、さまざまな口実が使われています。

振り込みだけでなく、現金書留やレターパック、バイク便、手渡しも

もうひとつ、巧妙化したポイントがお金の払わせ方です。

以前は、詐欺グループが「この銀行口座へ振り込んで」と指定するのが主流でした。
しかし、振り込め詐欺の被害を防ぐため、警察はATM(現金自動預け払い機)の警戒に大勢の警官を動員し、金融機関は不正な目的で利用されている可能性の高い口座を利用停止にしたり、ATMで振り込める額を10万円までに制限したりと、数々の対策をとるようになりました。

その結果、ATMを使った手口は減ったのですが、銀行振り込みを使わない手口が登場しました。
とにかく増えているのは「レターパック」など郵便局のサービスを使ったもので、2008年3月〜6月では1割にも満たなかったのが、8月には全体の2割弱にのぼるまでになっています。

現金書留やレターパック以外にも、宅配便やバイク便などでお金を送るように指定したり、大胆にも宅配業者を名乗って直接お金を受け取ったりするケースもあります。
2009年に入ってからは、「代理人」と称する人物が被害者宅に現金を受け取りに来る手法が目立って増えています。

息子や孫になりすました詐欺グループが、「知り合いにお金を取りに行ってもらうから、その人に渡して」と言って、直接手渡しで現金を持ち去るものです。

「オレオレ詐欺」から「振り込め詐欺」に変わり、今では、「振り込め」とも言わない「手渡しによる詐欺」まで、手口は多様化しているのです・

振り込め詐欺「予防」を口実にした、新たな詐欺も登場

詐欺グループは、振り込め詐欺の被害が広がり、全国のさまざまな機関が対策に乗り出しているということを逆手にとって、「その被害から救済するという名目の新たな詐欺」を編み出したのです。

しかし、警察が全国銀行協会の職員を派遣することはありませんし、全国銀行協会職員が、電話や訪問によりキャッシュカードや通帳、暗証番号を要求することもありません。
「警察だ」「銀行協会職員だ」と言われても、カードや暗証番号は絶対に渡してはいけません。

詐欺被害相談窓口は詐欺被害の解決窓口です。

詐欺被害相談窓口

身近に起こりうるさまざまな詐欺被害のトラブルは、「どこに相談し解決をしたらよいのかわからない」方が多くいらしゃるのが実情です。
「まさか私がこんな詐欺被害に遭うとは思いもしなかった…。」みなさんそうおっしゃいます。

詐欺被害相談窓口は、詐欺被害の解決に特化した専門家があなたの立場や利益を可能な限り守りながらトラブル解決へ全力でお手伝いします。

詐欺被害に遭ったかも?考え続けるよりもまずはお気軽にご相談ください。

詐欺被害相談窓口

詐欺被害のトラブルは、自分が詐欺被害に遭ったかもと認識するまでには時間がかかるものです。
また、相手の情報などが少なく、諦めてしまう方も多く見受けられます。

詐欺被害相談窓口では、ご相談者様の事件に最も適した専門家を中心とし、解決へ向けて専門チームがベストエフォート(最善の努力)を尽くします。

証拠の収集から法律事件までお客様の問題解決に全力で取り組みます。

詐欺被害の解決には経験豊富な解決のプロが対応いたしますのでご安心ください。

詐欺被害相談窓口

詐欺被害相談窓口にてご依頼いただいたトラブルには(1)法律のスペシャリスト(2)交渉のスペシャリスト(3) 調査のスペシャリスト(4)危機管理のスペシャリストが対応いたします。
法律や交渉、調査などトラブルに応じたスペシャリストがいるからこそできる、迅速な対応と解決。
もちろん、証拠調査と法律手続が同時に必要な場合には、それぞれの専任担当者がチームとして解決にあたります。

ワンクリック詐欺出会い系サイト詐欺やネットオークション詐欺未公開株購入詐欺、男女にまつわる結婚詐欺、パチンコ攻略詐欺、競馬予想詐欺など、詐欺被害は、手口が年々巧妙化し、当事者間で話し合いをすることもできず解決が非常に困難な傾向にあります。

詐欺被害相談窓口では、相談者様の事件に最も適した弁護士・認定司法書士を中心する解決専門チームにより、証拠の収集から法律事件に至るまでお客様の問題解決に全力で取り組みます。

ご相談の前に必ずお読みください。
  • 詐欺被害相談窓口では、お電話でのご相談は無料でお受けしております。
    相談電話の趣旨としましては、お電話でご事情をお聞きし、解決方法をご提案させていただくためのお電話になりますので、「◯◯の場合、法的にはどうなんですか?」、「◯◯万円を請求されたけれど、この金額は妥当ですか?」、「ちょっと聞きたいだけなのですが・・・」などのご質問に対しての回答はいたしかねますので。予めご了承ください。

  • 詐欺被害相談窓口は、法律事務所運営の相談窓口となりますので、親族の方以外からの代理相談(「私ではなく友人の件で相談したい」、「彼女(彼氏)の代わりに相談したい」など)はお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

  • 詐欺被害相談窓口では、弁護士をはじめとした専門家(弁護士・認定司法書士・証拠調査士)が日本全国対応しております。
    各専門家が行う法律手続、法務手続、調査手続につきましては、当センターの弁護士、パートナー弁護士、認定司法書士、証拠調査士が対応いたしておりますのでご安心ください。

  • 詐欺被害相談窓口では、コンプライアンス規定に則り、各専門家の業務テリトリーを侵害する手続は行いません。
    弁護士は弁護士、司法書士は司法書士が取り扱える範囲での役割分担を行うことにより迅速且つ確実な解決を目指しております。
    取扱業務にはそれぞれの専門家が行える範囲内で対応し、弁護士法72条違反(非弁行為)等は一切行いません。

  • 詐欺被害相談窓口では、毎日数多くのご相談に対応させていただいているたお電話がつながりにくい場合がございます。
    ご不便をお掛けし誠に申し訳ございませんが、しばらくお待ちいただき再度お掛け直しいただくか、「ご相談はこちら」からのメール相談フォームをご利用ください。

詐欺被害の解決に対応する専門家

詐欺被害相談窓口

弁護士部門

依頼を受けて法律手続を職務とする専門職です。
刑事事件や民事事件などでは、依頼人の代理人として交渉をすることができ、法律手続、裁判など、法律に関することはオールマイティーに取り扱うことができます。

認定司法書士部門

専門的な法律の知識に基づき土地や法人の登記を代理し、裁判所や法務局などに提出する書類を作成する専門職です。
また、一定の制限はありますが、簡易裁判所における民事訴訟、和解、調停などにて当事者を代理することができます。

証拠調査部門

相手方の実態を調査・把握しなければ解決には進めません。
弁護士及び認定司法書士指示の下、詐欺師拠点の調査から、グループ全体の身元調査から実態の把握などの証拠収集や、裁判に提出するための証拠を収集するために調査を行なう専門職です。

ご相談について

詐欺被害相談窓口のお電話でのご相談は9:00〜21:00まで。メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

詐欺被害ご相談は日本全国対応です。

詐欺被害相談窓口

詐欺被害相談窓口では、年中無休ご相談をお受けしております。どのような被害に遭われたのか、をお気軽にお話いただき、解決策をご提案いたします。守秘義務を徹底し、弁護士法、司法書士法、探偵業法のコンプライアンスに基づいた運営をおこなっております。

詐欺被害の解決には依頼人様の協力も必要です。

詐欺被害相談窓口

詐欺被害の解決には、専門家(弁護士・認定司法書士・証拠調査士)が対応いたします。
委任契約を交わした時点で、解決への第一歩を踏み出しますが、委任後もご依頼者様からの情報や協力必要です。詐欺被害相談窓口は、ご依頼者様と一丸となって詐欺被害の解決を行います。

詐欺被害相談窓口に依頼したらどんなメリットがあるの?

弁護士を中心とした専門家チームが解決をサポート

詐欺被害相談窓口には、詐欺被害の行動的・心理的分野に精通する、弁護士を中心とした専門家(弁護士・認定司法書士・証拠調査士)が対応いたします。
各分野で活躍する専門家の専門知識や解決ノウハウを活用することができますので、様々な詐欺被害トラブルの事情をしっかりと踏まえた、きめ細かで迅速な解決を図ることが期待できます。

プライバシーや秘密が守られます

弁護士を中心とした各専門家のおこなう手続きにつきましては、一般に非公開で行なわれます。
あなたの秘密やプライバシーなどにもきちんと配慮されますし、他人に知られることなく、トラブルの解決を図ることができます。

手続きの内容や費用がわかります

詐欺被害相談窓口では、あなたにとって気になる手続きの内容や費用などの重要なポイントを、ご利用頂く前に、必ず、専門家から説明を受けることになっています。
本当に自分にとってふさわしい解決方法なのか、よく考えてから利用することができます。

詐欺被害相談窓口手続きの流れ

STEP1.まずはお気軽にお電話ください

まずはお気軽にお電話またはメールにてご相談ください。
詐欺被害に関するご相談は年中無休・24時間対応しております。
まずは、どのような詐欺被害に遭ったのか、詐欺被害の現状をお話いただき、詐欺被害の内容に見合った最適な解決方法のご提案をさせていただきます。
お話いただきました内容については、一切外部に漏れることはございません。
秘密厳守は徹底しておりますので、どうぞ安心してご相談ください。

詐欺被害解決相談窓口

STEP2.打ち合わせと具体的なご提案

詐欺被害相談窓口の相談ルームにお越し頂くか、ご希望の日時(完全予約制)をご指定頂き、ご都合のよい場所まで専門の相談員がお伺いすることも可能です。
打ち合わせの場で「これまでの経緯」「現在の状況」「どのような解決方法をご希望なのか」など、お電話よりもさらに詳しくお話をお伺いし、解決に必要な情報や効果的な解決方法をご提案いたします。

詐欺被害相談窓口

STEP3.手続き費用のお見積もり・委任契約

ご提案させていただきました内容にご理解・ご納得頂けましたら、手続き費用のお見積りをさせていただいた後、委任契約となります。
手続き費用につきましては、事前に詳しくご説明させていただいておりますが、ご不明な点等ありましたら、担当者までお気軽にご質問ください。

詐欺被害相談窓口

STEP4.手続きの開始と経過のご連絡

ご相談者様の詐欺被害解決に最も適した専門家(弁護士・認定司法書士・証拠調査士)が責任をもって解決への手続を開始いたします。
手続きの進行状況につきましては、随時担当者からご連絡させていただきます。

詐欺被害相談窓口

STEP5.トラブルの解決・解決後のアフターフォロー

詐欺被害相談窓口では、専門家の手続きにより、無事にトラブルが解決した後も、担当者をはじめ、詐欺被害相談窓口のスタッフが解決後のアフターフォローをいたします。

詐欺被害相談窓口は日本全国対応です。

詐欺被害相談窓口

日本全国47都道府県に対応

北海道ブロック

北海道

東北ブロック

青森県岩手県秋田県山形県宮城県福島県

北陸ブロック

新潟県富山県石川県福井県

関東ブロック

栃木県茨城県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県

中部ブロック

長野県山梨県静岡県愛知県岐阜県三重県滋賀県

関西ブロック

京都府奈良県大阪府兵庫県和歌山県

中国ブロック

岡山県鳥取県島根県広島県山口県

四国ブロック

徳島県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄ブロック

大分県福岡県宮崎県佐賀県長崎県熊本県鹿児島県

沖縄県

ご相談について

詐欺被害相談窓口のお電話でのご相談は9:00〜21:00まで。メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

詐欺被害相談窓口|詐欺被害の解決はお気軽にご相談ください|日本全国|無料相談