独身だと言われて交際したら妻子がいた

合コンや婚活パーティー、最近では婚活サイトやSNSなどで知り合った男性が「自分は独身…結婚を前提でお付き合いがしたい…」と言われ、信じて交際をはじめたところ、後々になり既婚者または妻子持ちだったという婚歴を偽る被害が増えています。

こうした男性は、婚活という女性の心情的な部分を逆手に取り、自分の欲求を満たす目的で女性の気持ち弄ぶ遊ぶという非常に悪質かつ卑劣な行為です。

こうした男性は、結婚していたことがバレる(バレたのではないか?)、または妊娠したとなったとたん、急にフェードアウト(逃げる)または直接の連絡を避けるために弁護士などを代理人に立ててくるという特徴があります。

また、既婚者だったなんて疑いもしないで交際を続けていたところ、突然、男性の妻と名乗る女性から不倫であると損害賠償を請求されたというケースも多数あります。

これも立派な詐欺行為!詐欺被害相談窓口が対応いたします。

女性の被害が多いこうした既婚者トラブルは、女性側が泣き寝入りをしてしまうケースが多く、急に連絡が取れなくなった、教えてもらっていた情報は全部嘘だったということも珍しくはありません。

詐欺被害相談窓口は、このような婚歴を偽る詐欺に遭われた女性を救済すべく、徹底的に相手の身元を調査し、直接交渉で責任追求をしていきます。

詐欺被害ご相談・解決対応は日本全国対応です。

詐欺被害相談窓口 詐欺被害の解決相談

詐欺被害相談窓口では、日本全国にてご相談をお受けしております。どのような被害に遭われたのか、をお気軽にお話いただき、解決策をご提案いたします。守秘義務を徹底し、弁護士法、探偵業法のコンプライアンスに基づいた運営をおこなっております。

ご相談について

詐欺被害相談窓口のお電話でのご相談は9:00〜21:00まで。メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。