車を分割払いで購入しようとしたがローン契約を断られた

ケース 

子どもが生まれるので大きな車に買い換えようと販売店に行きました。購入する車を決めて、5年ローンで仮契約しましたが、後日販売店から「クレジット会社の審査に通りませんでしたので、ローンはご利用いただけません」と連絡が入りました。
理由を聞くと、「クレジット会社の判断なので詳しくはわからないが、以前に滞納などのトラブルがあったのではないか」と言われました。
以前、クレジットで商品を購入したことがありますが。滞納したことはありません。なせ、ローンを断られたのでしょうか。

自動車の購入の際にクレジット会社などからお金を借りて、後日返済することをオートローントいいます。
クレジット会社とローン契約などを結ぶ場合、クレジット会社は利用者に金銭を貸すわけですから、きちんと返済してくれる人でないと困ります。
このため、クレジット会社などの金融機関は、指定信用情報機関を設け、調査を行った上で、貸付を行うかどうかを判断します。

指定信用情報機関とは

貸付の申込みを行った場合、まず資格審査が行われます。
ここで過去の金融機関への支払状況に問題があった場合は入会が拒否されることがあります。

資格審査の際、クレジット会社は、指定信用情報機関から申込者に該当する情報を探し出します。
指定信用情報機関とは、氏名・生年月日・電話番号・勤務先などの、個人情報を集約している機関です。
具体的には、これまで利用したローンやクレジットの取引内容がクレジット情報として指定信用情報機関に蓄えられています。

したがって、過去にクレジットカードや消費者金融に対する返済の遅れなどがある場合、これらの記録も指定信用情報機関に登録されています。
いわゆるブラックリストと呼ばれているものですが、入会申込者の情報がこのブラックリストに載っていると入会を拒否されることがあるのです。

また、入会の可否だけでなく、カードで購入できる上限額の審査も指定信用情報機関の情報を基に行われます。

今回のケースの場合、まずクレジットカードを利用した取引や個別に契約したクレジット契約で過去に支払を滞納した事実がなかったかどうかを確認すべきです。
支払い本人にクレジット利用に関するトラブルの心当たりがなく、今後のローンの支払能力がある(定期的な収入がある)のであれば、指定信用情報機関に誤った情報が登録されていて、ローン審査が通らなかったと考えられます。

誤った情報が登録されていれば、情報を訂正することでローン審査を通すことができます。

詐欺被害ご相談・解決対応は日本全国対応です。

詐欺被害相談窓口

詐欺被害相談窓口では、年中無休ご相談をお受けしております。どのような被害に遭われたのか、をお気軽にお話いただき、解決策をご提案いたします。守秘義務を徹底し、弁護士法、司法書士法、探偵業法のコンプライアンスに基づいた運営をおこなっております。

ご相談について

詐欺被害相談窓口のお電話でのご相談は9:00〜21:00まで。メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

詐欺被害相談窓口|詐欺被害の解決はお気軽にご相談ください|日本全国対応|無料相談