「お金がもらえる」とATMに誘導し、逆に全額振り込ませる「還付金詐欺」

「お金を振り込め」と言われれば無視はできますが、「お金がもらえます」と言われたら、どうでしょう?
そんな「還付金詐欺」は2007年には約2500件、2008年には4500件と被害が急増しており、注意が必要です。

年金など社会保険制度に関する不安・不信が高まるなか、登場してきたのが「還付金詐欺」です。

ある日突然、税務署や社会保険庁などの職員を名乗る人物から電話がかかり、「税金の還付金があります。手続きをしますので、キャッシュカードを持ってATMに行ってください」と、近所のATMに出向くように指示されます。

狙われるのは、高齢者、なかでもATMの操作に不慣れな人です。
電話口で言葉巧みにATMの操作を説明し、被害者は「還付金が戻る手続き」の一環であると思い込み、自分の口座から詐欺グループの用意した口座にお金を振り込んでしまうのです。

これまでに報告されている手口には「社会保険庁を名乗る人物からの年金の還付があると言われた」「国税局を名乗る人物から税金の還付があると言われた」、その他「医療費の還付があると言われた」などがあります。

残高を確認させ、すべてを振り込ませる

「お金を振り込め」と言われれば無視はできますが、「お金がもらえます」と言われたら、どうでしょう?
そんな「還付金詐欺」は2007年には約2500件、2008年には4500件と被害が急増しており、注意が必要です。

年金など社会保険制度に関する不安・不信が高まるなか、登場してきたのが「還付金詐欺」です。

ある日突然、税務署や社会保険庁などの職員を名乗る人物から電話がかかり、「税金の還付金があります。手続きをしますので、キャッシュカードを持ってATMに行ってください」と、近所のATMに出向くように指示されます。

狙われるのは、高齢者、なかでもATMの操作に不慣れな人です。
電話口で言葉巧みにATMの操作を説明し、被害者は「還付金が戻る手続き」の一環であると思い込み、自分の口座から詐欺グループの用意した口座にお金を振り込んでしまうのです。

これまでに報告されている手口には「社会保険庁を名乗る人物からの年金の還付があると言われた」「国税局を名乗る人物から税金の還付があると言われた」、その他「医療費の還付があると言われた」などがあります。

詐欺グループは「お金を受け取るための操作を行います」と偽り、携帯電話越しにATMの操作をひとつずつ指示していきます。
まず、ATM画面を英文表示などに切り替えさせ、預金残高を画面に表示させ、残高金額を聞き出します。
そして最終的には英文の「振込」ボタンを押させて、残高のすべてを業者の口座に振り込ませてしまいます。

「自分の手で『振込』ボタンまで押しているので、最後にだまされていると気づかないなんて、そんなバカな」と不思議に思う人もいるかもしれません。

けれども高齢者のなかには、いつも通帳と印鑑を窓口で渡す方法で、お金の出し入れを行っている人がたくさんいます。
ふだんからATMを利用していなければ、自分がさせられている操作が変だと気づかなくても、無理はないといえるでしょう。
なかにはATM画面を英文表示に変えさせて、「二つならんでいる右のボタンを押して」と指示したり、表示された残高の数字を右からひとつずつ読ませるなど、手口も巧妙になっているのです。

最近では、銀行のATMに警察官を配置したり、銀行がATM
コーナーでの携帯電話の使用自粛を呼び掛けたりするなど、還付金詐欺の被害を食い止める対策がとられています。

そこで、銀行ではなくコンビニに設置のATMに行くように指示するケースも多いようです。

事例1

「年金制度が変わったため、還付があるのでキャッシュカードの番号を教えてほしい」と若い男から突然電話があった。
いま手元にないと答えたところ、5分後に再び電話があり、「還付金は8万円です。銀行に行くように」と言われた。
さらに「銀行のATMでお金を引き出す方法をその場で指示するから、携帯電話の番号を教えるように」と言われ、つい番号を教えてしまった。

この人は銀行に行く前におかしいと気づき、事なきを得ました。
では、もしおかしいと思わずに、携帯電話を持ってATMに足を運んでいたらどうなってたのでしょうか?

詐欺グループは「お金を受け取るための操作を教えます」と偽り、携帯電話越しにATMの操作をひとつずつ指示していきます。
まず、ATM画面を英文表示に切り替えさせ、預金残高を画面に表示させ、残高金額を聞き出します。
そして最終的には英文の「振込」ボタンを押させて、残高すべてを業者の口座に振り込みさせてしまいます。
「自分の手で『振込』ボタンまで押しているのに、最後までだまされていると気づかないなんてそんなバカな」と、不思議に思う人もいるかもしれません。

けれども高齢者のなかには、いつも通帳と印鑑を窓口で渡す方法で、お金の出し入れを行っている人がたくさんいます。
ふだんからATMを利用していなければ、自分がさせられている操作がヘンだと気づかなくても、無理はないといえるでしょう。
かなにはATM画面を英文表示に変えさせて、「二つならんでいる右のボタンを押して」と指示したり、表示された残高の数字を右からひとつずつ読ませるなど、手口も巧妙になっているのです。

最近では、銀行のATMに警官を配置したり、銀行がATMコーナーでの携帯電話の使用の自粛を呼び掛けたりするなど、還付金詐欺の被害を食い止めるさまざまな対策がとられています。
そこで、銀行ではなくコンビニに置いてあるATMに行くよう指示するケースも多いようです。

「お金がもらえる」という電話には耳を貸さないで!

還付詐欺は、お金を支払うのではなく、「お金がもらえる」というはなしだからこそ、大勢の人がだまされてしまいました。

これまで、関西圏では振り込め詐欺の被害が少ないといわれてきました。
大阪の人は、自分の目で見て、納得しない限りは物事を信じないという人が多いのか、「すぐ振り込んでよ」と電話口で言われても、だまされにくいというのが理由のようです。

しかし、還付金詐欺に関しては、そうではないようです。
「支払って」と言われれば取り合わない人でも、還付金詐欺のように「もらえる」となれば、つい警戒心を解き、相手の指示に従ってしまいがちだからです。

特に注意しなければならないのは、この還付金詐欺は、1回の被害額が非常に高額であるという点です。
2008年の1年間で、被害総額は47億円以上。
この間に振り込んでしまったケースが約4500件ですから、一件あたり平均総額は100万円以上にのぼる計算になります。

このように高額になる理由は、だます側が被害者の通帳の残高を確認し、操作方法を指示するなかで残高いっぱいまで振り込みさせてしまうことが多いからです。
この時点では、自分では「お金を払っている」という自覚がないからこそ、詐欺グループがいわば最後の1円までむしりとってしまうのです。

「お金がもらえる」という振り込め詐欺は、定額給付金を名目にしたものがあります。
「市役所職員を名乗る人から、『定額給付金の手続きが終わっていない』と電話があり、携帯電話をもってATMに行くように指示された」などの相談が寄せられています。

還付金がATM操作で返還されることはない

税務署や社会保険庁、市役所が還付金を支払うために、ATMを操作してもらうようにお願いすることは絶対にありません。
もし、こうした電話がかかってきても、とりあわないのが一番です。

「本人でないと受け取れない」とか、「いま返事をしないと受け取れない」などと言われるかもしれません。
しかし、公的機関からの還付金であれば、電話で受け取り有無を確認したり、受け取る権利が1か月くらいでなくなったりすることはないでしょう。

しかし、詐欺グループは「もしものために」と蓄えてきた高齢者のお金を狙っているのですから、家族は「年金・税金・医療費が戻るというウソの電話がかかってくることがある」こと、「ATM操作で還付金が戻されることはない」ことを、日頃からしっかりと伝えておきましょう。

「年金・税金・医療費が戻るというウソの電話に注意」と書いたメモを、電話機周辺に貼っておくのもよい方法です。

詐欺被害の解決は

お気軽にご相談ください

詐欺被害相談窓口 詐欺被害

詐欺被害の解決には、「早期の相談」「早期の対策」もっとも重要なのは「その対策を早期に実行する」ことです。

詐欺被害相談窓口では一日でも早くあなたが詐欺被害を抱えているという日々のストレスをなくし、本来あるべく普通の生活に戻っていただけるよう最適な解決プランをご提案し、それを「実行」することであなたを普通の生活に戻します。

詐欺被害相談窓口は、男女間の金銭トラブルをはじめ、個人間の金銭トラブル出会い系サイトやマッチングアプリで知り合った相手との金銭トラブル、脅迫や強要、ゆすりやたかりなどの金銭トラブル詐欺被害、悪徳商法まで、金銭トラブル全般を解決する相談窓口です。
あなたに詐欺を行う相手方は、いわゆる詐欺師ですから、そのような詐欺師を相手にあなただけで解決するのは難しい場合があります。

詐欺被害相談窓口では、ご相談者様の受けた詐欺被害の手口に応じて解決するに最も適した専門家が対応することで、相手方の住所の割り出しや証拠の収集から法務に至る独自の経験や知識を惜しみなく使い、被害の解決プランをご提案させていただき、それを速やかに実行します。

決して楽観視せず、また、あなた一人で抱えて解決しようとせず、詐欺被害相談窓口ご相談ください。
詐欺被害相談窓口ご相談いただくことで、きっとあなたの状況に適した解決プランをご提案・実行できるものと考えておりますので、悩み続けず気軽に相談してください。

詐欺被害相談窓口の解決方法とは

詐欺被害相談窓口 金銭トラブル 詐欺被害解決

詐欺被害の対応で多く見られるのは、まず相手方の住所を把握していることが前提で、相手方に内容証明郵便と呼ばれる通知書面を送付するやり方です。

内容には、「主張や請求」、「期日を設けて回答の要求」、「回答なき場合には民事訴訟や刑事告訴をする」などの事柄を記します。
内容証明郵便は配達証明を付けるのが通常ですので、相手に配達されたかどうかはわかりますが、受取拒否されることもありますし、不在の場合には一定期間郵便局に保管され、保管期限が経過すると差出人に戻されます。

相手に配達されたのが確認できたら、内容に記した一定期間、相手方からの回答を待って回答があればその回答内容に応じて対応していく流れをとるのが一般的です。
詐欺被害を解決したくて法律相談を利用したことがある方は、「通知書面」を送りましょうなどと専門家に提案をされたことがある方も多いのではないでしょうか?
しかしながら、この一般的な方法が通用するのは、依頼人様から相手方の性格を聞き、対応してくるであろとある程度予測できる相手方であることが条件です。
今あなたの詐欺被害の相手方が郵便を送るだけでまともに対応してくると思いますか?
どのような相手方にも同じやり方で依頼人様の望んでいる解決に至るのでしょうか?当窓口の考え方としてはとてもそうは思いません。

詐欺被害相談窓口に相談をいただいたく方のほどんどが、「それが(書面や電話が)通用する(書面や電話で大人しくなるような)相手なら自分で解決はできているし、ここまで困っていない」、「もっと現実的な解決方法で動いてほしい」「タチ(性格)の悪い相手に書面を送るだけで本当に大丈夫なのか不安」との意見が大多数なのです。

相手方に書面を送付したり、相手方に電話をかけたところで「逃げる」または「無視する」「(場合によっては)逆に攻撃してくる」「弁護士を入れて連絡や面会ができないようにしてくる」であろう性格の相手方には全く効果はありませんし、内容証明郵便は、郵便局が内容を証明してくれるという郵便であり、内容に従わなかったからといって法的な罰則等や法的拘束力はないので、相手方に無視されたら終わりなのです。
むしろ、中途半端に動くことにより、こちら側の動きを相手に教えてしまう危険性もあり、事を複雑にしてしまう場合もあります。

詐欺被害相談窓口では、相手方に逃げる隙を与えてしまう中途半端な書面の送付や電話だけで済ますような対応はいたしません。
詐欺被害相談窓口は、依頼人様の目に見える現実的な解決プランをご提案します。

相手に会いたくない

話したくない

場合でもご相談ください

詐欺被害 詐欺被害の解決は詐欺被害相談窓口

詐欺師または詐欺業者との間で解決しなければならないことはあるが、「相手に会いたくない…。」「直接話をするのが怖い。」場合でもご安心ください。
詐欺被害に発展してしまった場合には、相手方と直接話し合いをしても、暴力や脅迫に発展してしまうケースもありますので、ご自分だけで解決しようとせず、ご相談ください。

急に連絡が取れなくなった

相手方の情報が少ない

でもご安心ください

詐欺被害相談窓口 詐欺被害の解決 詐欺被害の解決 未公開株詐欺 投資詐欺 結婚詐欺 無料相談 振り込め詐欺 詐欺被害相談窓口 詐欺被害の解決 未公開株詐欺 投資詐欺 結婚詐欺 無料相談 振り込め詐欺 詐欺被害相談窓口 詐欺被害の解決 未公開株詐欺 投資詐欺 詐欺被害相談窓口 詐欺被害の解決 未公開株詐欺 投資詐欺 結婚詐欺 無料相談 振り込め詐欺

詐欺被害は相手方の身元がわからないケースも多いのが実情です。
相手方の情報が少ない場合でもあきらめずにご相談ください。
相手方の素性を調査させていただき、相手方の身元を判明させた後に、法律手続きを行うことができます。
※解決プランの実行には、相手方の「氏名」・「住所」・「連絡先」・「勤務先(収入源)」の情報は絶対に必要となります。

お電話でのご相談

電話対応時間:24時間対応

電話はこちらへ

メールでのご相談

メール相談:24時間対応

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。


トラブル解決をサポートする

あなた専属のチームがいます。

詐欺被害相談窓口 詐欺被害の解決 詐欺被害の解決 未公開株詐欺 投資詐欺 結婚詐欺 無料相談 振り込め詐欺 詐欺被害相談窓口 詐欺被害の解決 未公開株詐欺 投資詐欺 結婚詐欺 無料相談 振り込め詐欺 詐欺被害相談窓口 詐欺被害の解決 未公開株詐欺 投資詐欺 詐欺被害相談窓口 詐欺被害の解決 未公開株詐欺 投資詐欺 結婚詐欺 無料相談 振り込め詐欺

法務対応部門

法律や法務の専門家が、あなたの詐欺被害の状況や手口に最も適した解決プランを実行します。
民事、刑事と事件の対応は依頼人様の詐欺被害の内容や状況、相手方との関係性に応じて様々な方法がありますので、最適な解決プランをご提案いたします。

危機管理部門

依頼人様の身体的な安全確保はもちろんのこと、精神的な負担の軽減、詐欺被害を事件に発展しないよう未然に防ぐために、依頼人様をお守りします。
DVや暴力行為弱みにつけ込んだ脅迫や恐喝強迫による金銭トラブル悪質な強請り(ゆすり)や集り(たかり)別れ際や別れた後の嫌がらせ力関係による理不尽な金品や金銭の要求義務や根拠のない脅しによる肉体関係の強要職場や周囲にバラすなどと脅して要求を通そうとする嫌がらせ行為今から家に行くなどと告知する精神的な脅し、など直接の攻撃に対してお守りします。

証拠調査部門

意外に多いのが、あなたの個人情報は知られているが、相手方の情報は少ないというケースです。
このような場合、少ない手掛かりから相手方を調べ、所在や職場を判明させ、可能な限り対等な状態で対応できるようにする必要があります。
そのために詐欺被害相談窓口では、必要に応じた情報収集や裏付け調査を証拠調査部門にて行うことができます。
調査業務を行うためには都道府県公安委員会への届出が法律で定められており、当窓口の証拠調査部門は、法令遵守の観点から東京都公安委員会に届出を行い調査業務を行なっております

ご相談の前に必ずお読みください。
  • 詐欺被害相談窓口では、お電話での相談は無料です。
    ご相談内容をお聞きかせいただき、解決方法のご案させていただくためのお電話になりますので、法的な解釈の意見や、私的な見解を申し上げることはできません。「法的にはどうなんですか?」、「◯◯万円を請求されたけれど、この金額は妥当ですか?」、「ちょっと教えてほしいのですが…。」などのご質問についてのご回答はできませんので、予めご了承ください。
  • 詐欺被害相談窓口では、親族の方以外からの代理相談(「私ではなく友人の件で相談したい」、「彼女(彼氏)の代わりに相談したい」など)は、お断りさせていただく場合がございます、予めご了承ください。
  • 詐欺被害相談窓口では、ご相談は日本全国対応しております。
    調査から解決につきましては、必要に応じた専門家が対応いたします。


ご相談から解決までの

流れをご説明いたします。

STEP1 お電話またはメールフォームからご相談ください

まずはお電話またはメールフォーム(24時間対応)からご相談ください(ご相談は日本全国対応しております)。

※毎日多数のご相談をいただいている状況により、お電話がつながりにくい場合がこざいます。その場合は「ご相談はこちら」からのメールフォーム(24時間対応)にてご相談ください。

STEP2 解決プランのご提案

詐欺被害の状況」「そこに至るまでの経緯」「最終的にどうしたいと考えているのか?」など、お話をお伺いし、あなたの詐欺被害に最適な解決プランをご提案いたします。
解決の見通し・費用等についてもご説明いたします。
お話いただきました内容については、守秘義務がございますので、一切外部に漏れることはございませんので、正確な内容をお願いいたします。

STEP3 手続き費用の提示と委任契約

ご提案させていただきました解決プランにご理解・ご納得頂けましたら、委任契約となります。
費用等につきましては、事前に詳しくご説明させていただいておりますが、ご不明な点等ありましたら、お気軽にご質問ください。

STEP4 手続きの着手と進捗状況等のご連絡

詐欺被害の解決プランに伴い専属の専門チームが動きます。
調査など事前に相手方の確認や裏付けが必要な場合には、ある程度時間を要する場合も御座います。
進捗状況等につきましては、担当者からご連絡させていただきます。

STEP5 詐欺被害の解決および解決後のアフターフォロー

詐欺被害に遭った気持ちと精神的不安は、すぐには拭いきれません。
詐欺被害相談窓口では、解決後も担当スタッフがアフターフォローをいたします。


詐欺被害のご相談

解決の実行は日本全国対応です

詐欺被害相談窓口 ワンクリック詐欺 架空請求詐欺 投資詐欺 男女間の金銭トラブル 婚活サイト詐欺 金銭詐取 詐欺被害の解決 未公開株詐欺 投資詐欺 結婚詐欺 無料相談 振り込め詐欺 詐欺被害相談窓口 詐欺被害の解決 未公開株詐欺 投資詐欺 結婚詐欺 無料相談 振り込め詐欺 詐欺被害相談窓口 詐欺被害の解決 未公開株詐欺 投資詐欺 詐欺被害相談窓口 詐欺被害の解決 未公開株詐欺 投資詐欺 結婚詐欺 無料相談 振り込め詐欺

日本全国47都道府県に対応

北海道ブロック

北海道

東北ブロック

青森県岩手県秋田県山形県宮城県福島県

北陸ブロック

新潟県富山県石川県福井県

関東ブロック

栃木県茨城県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県

中部ブロック

長野県山梨県静岡県愛知県岐阜県三重県滋賀県

関西ブロック

京都府奈良県大阪府兵庫県和歌山県

中国ブロック

岡山県鳥取県島根県広島県山口県

四国ブロック

徳島県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄ブロック

大分県福岡県宮崎県佐賀県長崎県熊本県鹿児島県

沖縄県

お電話でのご相談

電話対応時間:24時間対応

電話はこちらへ

メールでのご相談

メール相談:24時間対応

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

詐欺被害の解決は詐欺被害相談窓口